CB1000SF ウオーターポンプ修理

たまにはバイクの話ですw

ホンダのCB1000SFです。

お客様の依頼で車検と修理です。

車検は難なくパスしたのですが、

エンジン温まると

ウオーター

ポンプの穴から水漏れです。

メカニカルs-ルがダメ見たいです。

パーツリストでは非分解アッセンブリーおまけに販売終了

絶版部品です、

CB1300(sc40)の新品は出るみたいです。

流用出来るのでは、と思いヤフオクで安い中古部品の手配してみました

右が1000左が1300

パット見は似てるのですが、

シャフト取つけホールは一致するのですが、微妙に取り付け角度が違い

無理みたいです。

プレスで抜いてみました、

中身はほぼ一緒みたいです、が安く購入した1300ポンプも漏れてる感じでした。

ネットで色々見ていたら使えそうな部品見つけました

フォルツァ250とかいろんな機種に使われているメカニカルシール

インペラのセラミックシールもぴったし

ベアリングとシャフトは再使用 油圧プレスで圧入

エンジン側のオイルシールも問題なさそうなので

再使用です。

ペラ側シャフト

メカニカルシール

丁度いいサイズのボックスレンチで圧入

ペラも圧入

シャフト溝合わせて

新品Oリング付けてポンプ取り付け

組み付け完了!

クーラント入れて

試運転エンジン温めて

電動ファンが回る温度でも水漏れ無いです

あとは走行テストです今日はここまでです。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)