ゼファ-750RSアルミリム

  注) 2022年 現在部品の入手が困難になり、リムの注文が出来ません。

     こちらのカスタムは受け付けておりません。<(_ _)>

ゼファー750RSのアルミリムとステンレススポークの組み変えです。

まずフロントからタイヤを外してディスクも外していきます。

ニップルレンチで地道に外して行きます。

バラシ完了

社外品のステンレススポークとニップル

左がノーマル鉄チン3.00

右はDIDアルミリム3,50

 

少しワイドサイズです。

スポークの取り付けフロントはスポーク1種類なのでハブに差し込みます。

リムをあてがうと、自ずと位置に来ます。

自転車よりは分かりやすいかな。(*´∀`*)

 

根気良く、ニップルを組んでいきます。

レーシングスタンドを細工して振り取り機を作りました。

ダイアルゲージとにらめっこしながらニップルを締めて調節していきます。

振り取りができればディスクとタイヤを組み付けて車体に、

シルバーなので目立ちませんが、広くなったので。タイヤのラウウンドが自然な感じに

 

ハンドリングも良くなるのでは

次はリア4,00を4,50に

リアのスポークは2種類長さが微妙に違います。

アウトとインで違います。間違えないようにくんでいきます。

フロントと同じ様に振り取りしてタイヤディスクを組み付けます。リアもワイドになつたのでタイヤとの相性も良さそう。

車体に取り付け

完成です。

キャストホイルを交換してのカスタムはよく見かけるけど。

スポークホイルでワイドホイルのカスタムは珍しいのでは、

 

RSのイメージを残してのカスタム

 

見る人がみれば分かる、渋めのカスタムでカッコイイです。

  注) 2022年 現在部品の入手が困難になり、リムの注文が出来ません。

    こちらのカスタムは受け付けておりません。<(_ _)>


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)